トム・クルーズの魅力を熱弁した公認声優・森川智之 (C)ORICON NewS inc.

 洋画専門CS放送『ザ・シネマ』では、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ5作を7月21日(後2:00~深2:00/22日~25日に再放送)にオンエア。また、主演のトム・クルーズから公認されている声優・森川智之のナレーションで新たに制作した番宣が7月1日より放送される。

【写真】2時間かけてファンサービスに務めたトム

 今回は、森川が担当した吹き替え版が一挙放送される。森川は「吹き替えに特化した一挙放送は、すごいうれしい。吹き替え声優冥利に尽きますね、トム・クルーズを演じてきてよかったです」と感激しながら「新録したわけでなく、当時のモノが放送される。時系列に言うと、僕も若いし、イーサン(・ハント)も若い。そういう意味でも楽しみです」と期待に胸を膨らませた。

 出演からプロデュースまで、作品のすべてに携わることで知られているトム。そんなプロ意識をアフレコから通じて体感している森川は「俳優としてトップだと思っているけど、ファンサービスの部分でも世界一だなと。炎天下のイベントでも2時間以上、レッドカーペットでファンと交流していた」と驚嘆の声を漏らす。

 かつてイベント共演した際には「僕が『汗をかかないの?』と心配したら『かかないように訓練してる』って。撮影前からいろんなことを徹底しているんですよ」と“鉄人”エピソードも披露していた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。