オリックスは27日、ドーピング違反で1年間の出場停止処分を科されたメネセス内野手との契約を解除する手続きを行ったと発表した。球団によると、意図的な摂取は否定したメネセスは処分を受け入れる意向で、異議申し立てはしない方針。

 長村裕之球団本部長は京セラドーム大阪で「多大なご迷惑とご心配をおかけすることとなり、心よりおわび申し上げる」と謝罪し、再発防止に努める考えを示した。契約の際はドーピング検査を行わず、米マイナーリーグ時代の昨年に受けた2度の検査で問題がなかったことは確認していたという。