東京電力は27日、福島第1原発で発生する汚染水を浄化処理した処理水の保管量について、正確に算出した結果、従来公表していたより約2200トン少ない103万2千トンと修正した。貯蔵タンク約800基で算出方法を誤っていた。