三好市東祖谷の東祖谷小中学校で、藍住町歴史館・藍の館による出前授業があり、小中学生35人が藍染を体験した=写真。

 阿部利雄館長ら3人の指導で藍染に挑戦。40センチ四方の布を丸めたり、竹の棒に巻き付けたりして藍液に浸し、オリジナルのハンカチを作った。6年の山田涼輔君(11)は「藍染は初めて。実物は写真で見た色よりもきれい」と話した。

 文化庁の主催。児童らが文化芸術に触れる機会を設けようと、芸術家らを学校に派遣する事業の一環。