海部観光(美波町)は、高速バスの安全運行へ、適正な車間距離の確保や運転手の居眠り防止などに情報通信技術(ICT)を活用する実証実験を7月1日から始める。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。