参院選の選挙違反取締本部の看板を掛ける捜査員=県警本部

 7月4日の参院選公示を控え、徳島県警は27日、本部と県内11警察署に選挙違反取締本部を設置した。捜査員1034人体制で取り締まりに当たる。

 捜査2課によると、26日までに事前運動違反で1件1人に警告を出した。2016年の参院選時は、取締本部設置前の警告が2件2人、最終的には14件14人に警告を出した。

 徳島、高知両選挙区の合区で行われる2回目の参院選となり、高知県警も27日に取締本部を設置した。