徳島県内の高齢者宅などに27日、警察官や市役所職員を名乗る不審な電話が少なくとも20件あった。被害は確認されていない。

 県警捜査2課によると、北島町と徳島市の50~80代の10人の自宅に、警察官や徳島板野署員などを名乗る男から「オレオレ詐欺の犯人を捕まえた。犯人の名簿にあなたの名前があった」などと電話があった。中にはキャッシュカードの暗証番号を伝えた人もいるという。

 鳴門市の高齢者10人の自宅には、市職員を名乗る人物から「還付金の通知を3月に送ったが、確認していますか。先週金曜日が締め切りだったので、口座番号を確認させてほしい」などと電話があった。

 いずれも県警や鳴門市に問い合わせや相談をして虚偽と判明した。県警は特殊詐欺の前兆「アポ電(アポイントメント電話)」の可能性が高いとして注意を呼び掛けている。