徳島県ラグビーフットボール協会と県は29、30両日、9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するジョージア代表の県内事前キャンプのPRイベントを鳴門・大塚スポーツパークで開く。

 29日はパーク内のポカリスエットスタジアム前で、ジョージアを代表する料理の一つ、牛肉のシチュー「ハルチョー」を徳島風にアレンジした100食を振る舞うほか、代表チームのレプリカユニホームやサインボールを展示する。このほか、タッチラグビーの親子体験会や、徳島市出身でラグビー元日本代表の林敏之さんのトークショーもある。

 30日は球技場で、啓光学園高校(現常翔啓光学園、大阪府)ラグビー部の記虎敏和元監督による「女子ラグビークリニック」を行う。

 スタジアムでは29日、徳島新聞創刊75周年記念事業の一環として、ラグビーのトップリーグカップ2019第2節・神戸製鋼対豊田自動織機の試合が開かれる。

 事前キャンプは県や県ラグビーフットボール協会が誘致した。鳴門・大塚スポーツパーク球技場を拠点に、9月8~16日の期間で行われる。