梅雨前線の停滞と低気圧の影響で西日本と東日本では7月2日にかけて局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。気象庁は29日、土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。

 気象庁によると、梅雨前線は西日本から東日本に停滞。黄海の前線上にある低気圧は東北東に進み、30日には山陰沖から北陸地方へ進む見込み。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発化する見通し。

 30日の徳島県内は前線や湿った空気の影響で雨や雷雨となり、激しく降る所がある見込み。降水確率は北部、南部とも午前70%、午後80%。

 同日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で九州北部300ミリ、近畿と四国200ミリ、北陸、東海180ミリ、中国、九州南部150ミリ。