オーディションに臨む参加者(手前)=徳島市のとくぎんトモニプラザ

 阿波踊りをテーマにした短編映画「ぞめきのくに」の出演者オーディションが30日、徳島市のとくぎんトモニプラザであり、県内の8~71歳の男女約60人が挑んだ。

 5人一組に分かれ、友利翼監督(36)や脚本・音楽担当の川人千慧さん(33)=北島町出身=ら審査員に自己紹介。有名連の高校生や藍染職人など希望する配役になり、感情を込めて台本を読んだ。

 同市のモデル事務所アン・モデルエージェントに所属する10代女性は「台詞に阿波弁が多くて親しみやすい。このチャンスを生かしたい」と話した。

 住民などのエキストラを含む約15人を選び、合格者に結果を伝える。ロケは8月中旬以降、同市などで数日間行う。