横断歩道の渡り方を学ぶ園児=小松島市中郷町西野の小松島教習所

 小松島市中郷町西野の小松島教習所で交通安全教室があり、市内の保育園や幼稚園の園児約100人が横断歩道の渡り方などを学んだ。

 カエルとウサギの着ぐるみをかぶった教習所の指導員から交通ルールの説明を受けた後、園児が2人一組で手を上げて所内の横断歩道を渡る練習をした。南小松島幼稚園の山口悠貴ちゃん(5)は「左右の確認を忘れず、気を付けて渡りたい」と話していた。

 教室は、教習所が12、13年前から毎年開いている。小松島署による防犯教室もあり、大声で助けを呼ぶなど不審者への対処法を学んだ。