サマータイムが始まり、通常より早い時間に出勤する県職員=県庁

 勤務時間を前倒しして節電を図る徳島県のサマータイム制度「あわ・なつ時間」が1日始まり、県職員が普段よりも早い時間帯に出勤する姿が見られた。

 あわ・なつ時間は、比較的涼しい朝の時間帯の有効活用と働き方改革を目的に、通常は午前8時半と9時半の始業時間を、7時半から10時まで30分刻みで選択できる制度。本庁舎では午前7時台から職員が続々と登庁し、業務に取り掛かっていた。

 7~9月が対象期間で、東部各局や西部、南部県民局でも行う。今年は朝の時間を家事などに当ててもらうため、午前10時から業務を開始する勤務体系も試験的に導入した。多様な働き方を可能にし、ワークライフバランスの実現を目指す。

 電力需要がピークとなる午後2~4時は節電強化時間帯とし、廊下やトイレの電気を小まめに消して電力使用の削減を図る。