写真を拡大 ローソンが8月6日から販売する「王王軒監修 支那そば」

 コンビニ大手のローソンは、徳島ラーメン店の王王軒(藍住町)とコラボし、新商品「支那そば」と「豚めしおにぎり」を8月6日から四国4県で期間限定販売する。

 支那そばは、鶏ガラと豚骨をベースにカツオだしをきかせた、まろやかで深いこくのあるスープが特徴。王王軒の味を再現した。生麺タイプで498円。豚めしおにぎりは、具材に甘辛い豚バラやメンマなど用いた。145円。販売期間は支那そばが4週間ほど、おにぎりが5週間ほどを予定している。

 ローソンでは7月2日から8月19日まで、中四国地方の各店舗で、「中国・四国まるごと応援キャンペーン」を実施。各県の食材を使用したメニューや地元名店とのコラボ商品など44品を順次発売している。

 徳島県では王王軒監修の2品以外にも、「からあげクン すだちポン酢味」(216円)を7月30日から10週間ほど、中四国の店舗で販売する。このほか2品を出す予定。=価格はいずれも税込み