「ファクトチェック」と「フェイクニュース検証」を混同していませんか-。インターネットや会員制交流サイト(SNS)が普及した現在、事実の確認やデマの拡散防止として、選挙のたびにこうした言葉が話題となってきた。参院選でも注目されるが、有識者からは、ファクトチェックは国内ではまだ始まったばかりで、論点整理が必要との指摘も上がる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版(有料)に登録してください。