徳島県選挙管理委員会は3日、参院選公示に合わせて同日現在の選挙人名簿登録者数を公表した。総数は63万9603人で、2016年の前回参院選時に比べ、1万3474人減った。6月3日の前回登録時からは2千人増えた。

 男女別では、男性が前回参院選から5659人減の30万2716人、女性は7815人減の33万6887人だった。

 24市町村のうち北島、藍住両町を除く22市町村で減少し、最も減ったのは三好市で1656人。北島町は212人、藍住町は471人それぞれ増えた。

 高知県の有権者は61万5527人(男性28万7114人、女性32万8413人)で、1万4421人減った。参院選「徳島・高知」選挙区の有権者は両県合わせて2万7895人減の125万5130人。有権者数に基づいて決まる候補者1人当たりの法定選挙運動費用の支出制限額は4001万6700円で、16年の参院選より36万2700円減少する。

 徳島県選管は、3日現在の在外選挙人名簿登録者(海外在住の県内有権者)数も公表した。総数は319人で、前回参院選より22人減った。