四国で初めて設置されたテスラ車専用の急速充電設備=鳴門市鳴門町のリゾートホテル・モアナコースト

 米電気自動車メーカー・テスラの日本法人テスラジャパン(東京)は4日、鳴門市鳴門町のリゾートホテル・モアナコースト敷地内に、四国初のテスラ車専用急速充電設備「鳴門スーパーチャージャーステーション」をオープンさせる。全国21カ所目。

 30分で最大走行距離約270キロメートル分を充電できる設備を8基設置する。1カ所当たりの設置数は全国最多。年中無休で、充電料金は充電のスピードによって1分当たり20円または40円となる。

 テスラジャパンは、販売拡大に向けて全国に専用充電網を整備しており、モアナコーストは神戸淡路鳴門自動車道・鳴門北インターチェンジに近く、関西と四国をつなぐ経路上にあることなどから、設置を打診した。

 モアナコーストを運営する鳴門レジャーランド(鳴門市)は、ホテルへの相乗効果や鳴門市を訪れる日帰り客の増加などが見込めるとして受諾した。

 テスラジャパンは東京と川崎、名古屋、大阪各市に販売店を構える。国内での販売台数は非公表。テスラ車は、アダプターを付けることで量販店の駐車場などに設置されている一般的な充電設備も使うことができる。

 3日にはモアナコーストで新型車「Model3」(車両価格は511万円から)のメディア向け試乗会も開いた。