男子団体は12校が出場する。上位は実力伯仲で優勝争いは予断を許さない。第1シードの小松島は県選手権ダブルスで頂点に立った三浦・大塚組が中心。第2シードの徳島は川原・大西組がチームを引っ張る。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。