4日、雨は降らず、10時ごろからは日が差し始めたが大雨を予想して午前中は釣り人の姿はあまり見られなかった。

 [船釣り]<伊島沖>4日、ジギングや釣った魚を餌に60~80センチのメジロと65~70センチのサワラを各11匹、30~45センチのマダイ4匹、35~38センチのイサギ3匹、40~50センチのサバ50匹あまり、ホウボウ数匹。

 [波止]<赤石東ふ頭>4日、水潮気味で少し濁りがあった。潮はあまり動かず。9時から約1時間イガイを餌に落とし込み仕掛けで33、35センチのチヌ2匹。日中はマメアジ狙いが15人ほど並んでサオを出していた。赤アミを餌にサビキ仕掛けで8センチ前後がポツポツ釣れ、50~150匹。干潮の時間帯で食いが悪かった。

 <和田島漁港>3日、午前中の2時間半、イガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた地元の人が45センチのチヌ1匹。別の人も似た仕掛けで33センチを1匹。

 <恵比須浜>3日、岸壁で時までアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・7、0・8キロのアオリイカ2匹。

 <高知・甲浦港>夜明けまでアジを餌に0・3、0・8キロのアオリイカ2匹。近くでも重量は不明だが1匹あがった。

 [磯]<大島>3日、下り潮で水温22・5度。イサギは、ソエバでAFTの小西貴広さんが26~35センチを9匹と34センチのグレ1匹。ピストルで28~38センチを11匹。俵で26~35センチを6匹と27、35センチのグレ2匹。屋形で底物を狙った人は42、52、66センチのイシダイ3匹。

 [潮入り川]<牟岐川>3日、濁りはなかったものの雨水が流れ込んだ。上潮は速く底潮は満ちの潮が流れる二枚潮で、安定せず釣りづらかった。5時前から約4時間、左岸で市販の加工沖アミを餌にハリス1号チヌバリ2号でウキ下2ヒロ半から3ヒロ半を調整しながらサオを出した阿南市の人が43、45センチのチヌ2匹と23センチのチャリコ1匹。少し下流で小松島市の人が40センチのチヌと20センチのグレ各1匹。表層から中層にかけて20センチ前後の小サバが多く、底付近にはフグが多くいた。

 [友釣り]<勝浦川>3日、正木ダム上流の水量は多かったが濁りはなかった。福原大橋上流で雨が降りだす13時までに12~18センチのアユ27匹。(県釣連盟報道部)