写真を拡大 米津玄師さん(photo by 山田智和)

 徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんが、7日からTBS系で放送が始まった日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として新曲「馬と鹿」を書き下ろしていたことが分かった。第1話の放送内でサプライズオンエアされた。

 「馬と鹿」のオンエアは一部だけだったものの、主人公の「僕」が挫折を経て再び立ち上がろうとする心境をつづった歌詞を、サビでドラマチックに盛り上がるメロディーに乗せて歌った、米津さん流の応援歌となっている。「ノーサイド・ゲーム」初回終盤、低迷していたラグビーチームが再起に向けて立ち上がる重要なシーンで流され、ドラマの世界とシンクロした楽曲の世界観が感動を盛り上げた。

 米津さんは放送終了後にツイッターを更新し「TBS日曜劇場『ノーサイドゲーム』の主題歌を担当させて頂きました。『馬と鹿』という曲です。大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。どうかよろしくお願いします。」と楽曲への想いをつづった。

 突然の新曲発表にSNS上ではファンからの「本当に驚いた! 素敵な七夕の夜になりました!」「米津さんの美しい声が聞こえた瞬間に鳥肌たちました」「曲とシーンが素晴らしくマッチ」「人生にたくさんの感動をありがとうございます」「来週からリアタイします」といった驚きと喜びの声が続出。トレンドランキングでも「#ノーサイド・ゲーム」が1位を獲得するなど大きな反響を呼んだ。

 「ノーサイド・ゲーム」は日曜劇場に数々のヒットドラマの原作を提供してきた池井戸潤さんの同名書き下ろし新作が原作。上司が主導する企業買収に異を唱えて工場の総務部長に飛ばされ、巨大赤字を抱えたラグビーチームのGMを兼務することになったエリートサラリーマンが再起を賭けて戦う姿が描かれる。日曜劇場の池井戸さん原作ドラマで主題歌が設定されるのは初めて。