徳島中央署は7日、傷害の疑いで自称徳島市応神町東貞方、自称建設業の男(40)を逮捕した。6日午後11時ごろ、徳島市栄町1のコインパーキングで、男性会社員(19)の顔を2回殴り、1週間のけがを負わせた疑い。

 同時刻前、友人とパーキングに戻った会社員が、車近くの地面に寝ている男を発見。「起きてください」と声を掛けると、男が因縁を付けた。2人に面識はない。男は容疑を否認している。