ボクシンググローブをはめた拳で従業員の男性を殴って死亡させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた韓国籍の徳島市鷹匠町2、飲食店経営の男(40)の裁判員裁判の初公判が8日、徳島地裁であった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。