会社経営の傍らさまざまな美食の食べ歩きを続けてきた杉岡秀剛さん(48)が、独自に研究を重ねて自慢のラーメンを完成させた。昨年4月から徳島市南昭和町で営業していたが、人気の高まりを受けて今年4月に松茂町に拡大移転した。

写真を拡大  炭火であぶった分厚いチャーシューが絶品で濃厚スープと相性抜群のラーメン

 一番人気のラーメン(650円)は、豚骨に加え、杉岡さんの出身地・淡路島特産のタマネギなどたっぷりの野菜を12時間以上炊き上げたスープにしょうゆのかえしを合わせており、濃厚でクリーミーながらもスッキリとした後味。炭火で丁寧にあぶった分厚いチャーシューは香ばしさがたまらない。

写真を拡大  汁なし担担麺はテーブルの中国黒酢「鎮江香醋」や温玉(50円)を入れると味がまろやかになる。最後に「替え飯」(50円)を投入すれば「坦坦飯」も楽しめる

 広島県のご当地グルメ・汁なし担担麺(たんたんめん)(レベル1で550円)も人気の一品だ。中国最高位の調理師「特級厨師」から製法を学んだ香りと辛味が豊かなラー油と花椒、豚ひき肉、ネギを麺に絡めれば、辛さとしびれがやみつきになる。辛さとしびれは5段階から選べ、温玉(50円)や中国黒酢を入れると味がマイルドになる。

写真を拡大  広々とした店内

 他にも、ニンニクの量を5段階から選べてリピーターが多い大蒜(にんにく)ラーメン(レベル1で750円)や、数量限定の鳴門海老味噌(えびみそ)ラーメン(850円)、阿波極鶏ラーメン(750円)、極鶏金色塩ラーメン(700円)といった多彩なメニューが並び、どれを選ぶか悩みそうだ。=価格は税込み。

■麺屋食堂 花月
 住所=徳島県松茂町笹木野八北開拓75-2
 営業時間=11~15時(ラストオーダー14時半)、17時~20時半(ラストオーダー20時)
 定休日=水曜
 駐車場=10台
 問い合わせ=〈電088(660)7227〉