[船釣り]<伊島沖>8日、南西の風が吹き、水温22~23度。自家用船で出掛けた阿南市の3人が、10時半から4時間半ほど弁天島周辺でジギングや釣った魚を餌に60、90センチのサワラと70センチ前後のメジロ、35、60センチのマダイを各2匹、50センチのサバ1匹。

 <牟岐沖>8日、水温24度。仕立船で午後から出掛けた勝浦町の人が、40~45センチのヒラソウダ8匹と45センチのサバ、30センチのマダイを各1匹、30~38センチのイサギ20匹。

 <室戸沖>7日、波風ともに穏やか。下り潮で水温25度。仕立船で2人が130、140センチのカンパチ2匹と28~38センチのウメイロ約60匹。

 [イカダ]<宍喰沖>8日、沖の2号カセで2人が30~35センチのイサギ6匹と45センチのグレ1匹。ウキ下はサオ2本。

 [磯]<大島>8日、下り潮で水温24度。ソエバで底まきカゴ仕掛けでサオを出した人が30センチのイサギ1匹。屋形で底物を狙った人は40センチのイシダイと30センチのイシガキダイを各1匹。

 <岡山・牛窓>7日、日生と小豆島を会場に釣り餌メーカー主催のチヌ釣り大会が行われ、94人が参加。30センチ以上5匹までの重量を競った。4隻の各渡船上位者を優先に順位を決めた。濁りはあるものの引き潮で食いは悪く、5匹そろえた人は少なかった。日生の磯でモナリザ釣親睦会の三原正樹さんが40センチ前後を5匹そろえ、3620グラムで3位に入賞。他の人は、29~35センチを7匹。33センチを1匹。33、35センチを2匹。35~48センチを3匹。30~33センチを3匹。

 [波止]<金磯岸壁>8日、南寄りの風でササ濁り。11時から2時間ほどイガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が38~49センチのチヌ3匹。午前中もアタリは多く、30~48センチのチヌや40センチのキビレがよく釣れたようだ。

 <辰巳北突堤>8日、夜明けまで先端付近でサオを出した人が冷凍キビナゴを餌に引き釣りで指幅3~4本のタチウオ10匹。別のサオで底付近を狙い、16~22センチのガガネ7匹。

 <恵比須浜>8日、15時から2時間ほど、アジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・5、0・7キロのアオリイカ2匹。

 <高知・甲浦港>8日、早朝の2時間、アジを餌にサオを出した人が0・9キロのアオリイカ1匹。近くでも1・1キロを1匹。                    (県釣連盟報道部)