鈴鹿名誉教授が世界各地で撮影した風景写真を和紙に印刷した作品=吉野川市山川町の阿波和紙伝統産業会館

 和紙アートを手掛ける京都造形芸術大の鈴鹿芳康名誉教授=愛媛県今治市=の作品展が、徳島県吉野川市山川町の阿波和紙伝統産業会館で開かれている。15日まで。

 イースター島やバリ島の風景、法隆寺などをピンホールカメラで撮影し、インクジェット式プリンター対応の和紙に印刷した約40点を展示。太陽光や雲などが独特の質感で捉えられ、幻想的な雰囲気を漂わせている。

 シャツやジーンズの素材をすき込み、新たに再生した和紙なども飾っている。鈴鹿名誉教授は「日本の和紙には世界でも類のない繊細な美がある」と話している。

 作品展は開館30周年の記念事業。

 開館時間は午前9時~午後5時、原則月曜休館。入館料は一般300円、高校生・大学生200円、小中学生150円。問い合わせは和紙会館<電0883(42)6120>。