米田代表理事から助成金を受け取る高校生=徳島市の徳島新聞社

 徳島新聞社会文化事業団が県内の高校のクラブ活動を支援する「第3回徳島新聞『輝け 高校生』クラブ活動助成金」の贈呈式が9日、徳島市の徳島新聞社であり、運動・文化の計10クラブに各20万円を贈った。

 クラブの部長や顧問ら約20人が出席。事業団の米田豊彦代表理事が各クラブの代表に贈呈書と助成金を渡した。池田高山岳部の西本惟莉さん(16)=2年=は「安全登山に必要な装備の購入などに使う。より活発に活動し、選ばれたクラブの皆さんと一緒に徳島を盛り上げたい」と謝辞を述べた。

 助成金は、ユニークで若さあふれるスポーツや文化活動に取り組む高校生を応援するのが目的。今年は、運動部9クラブと文化部7クラブから応募があった。

 池田高山岳部の他に助成を受けたクラブは次の通り。

 [運動部]鳴門渦潮高弓道部▽阿南光高ライフル射撃部▽川島高剣道部▽城ノ内高フェンシング部

 [文化部]鳴門高書道部▽城東高オーケストラ部▽徳島市立高演劇部▽阿南光高音楽部▽城ノ内高JRC部