老後資金に2000万円が必要だとした金融庁審議会報告書を発端に、年金制度が参院選序盤戦の争点に急浮上する中、「徳島・高知」選挙区(改選数1)でも、与野党の候補が論戦を繰り広げている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。