食品製造販売会社・丸本(海陽町)の創業者で、県産地鶏「阿波尾鶏」のブランド確立に貢献した丸本昌男(まるもと・まさお)氏が6月23日午後1時54分、くも膜下出血のため牟岐町内の病院で死去した。82歳。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。