鳴門署は9日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、鳴門市の土木作業員の男(55)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、9日午後6時15分ごろ、同市大津町吉永の県道で、酒気を帯びて2トントラックを運転したとしている。

 現場は片側2車線の直線道路。男は並走する乗用車に接触する事故を起こし、駆け付けた鳴門署員が飲酒検知した。乗用車の20代男性や男にけがはなかった。