[イカダ]<ウチノ海>9日、波風ともに穏やかな釣り日和。サナギと沖アミを餌に25~41センチのチヌ9匹。

 <由岐>8日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで2人が23~38センチのマダイ41匹と40~49センチのチヌ5匹、30センチのシオ2匹、28センチ前後の本ハゲ5匹。

 [磯]<由岐>8日、風少々あったが次第に収まった。水温22・8度。ムギバエで23~32センチのグレ19匹と25センチのマダイを4匹。別の人が10匹と40センチのマダイ1匹。

 [友釣り]<海部川>8日、20センチほど増水していたが濁りはほとんどなく、本流の上流部でもサオを出す人が増えてきた。皆ノ瀬橋上流のチップ工場周辺で9時すぎから4時間で14~21センチのアユ11匹。

 <高知・仁淀川>7日、増水気味だが濁りはほとんどなかった。阿波市の人が20センチ前後を主体に18~23センチのアユを48匹と好釣果。同行の人は同型を35匹。

 [波止]<東沖洲>9日、波風ともに穏やか。夜明け前からタチウオを狙ったがアタリがなく、マメアジ狙いに切り替え、サビキ仕掛けで6~10センチを約200匹と20センチのツバス1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>9日、波風ともに穏やか。中央周辺でコーンを餌にフカセ仕掛けで40~43センチのチヌ3匹と35センチのキビレ1匹。

 [船釣り]<高知・室戸岬沖>8日、波風ともに穏やか。速い下り潮が次第に二枚潮となって釣りづらかった。仕立船で2人が140センチ(25キロ)のクエ1匹と50センチ前後のマダイ2匹、40~50センチのサバ30匹。(県釣連盟報道部)