石井幼稚園前の交差点を点検する小林町長(右から2人目)ら=石井町石井

 子どもの通学時の安全を確保しようと、石井町と徳島名西署などは11日、町内の通学路を点検した。石井の石井幼稚園前の町道交差点には、園や保護者からの要望もあり、横断歩道を2カ所新設することを決めた。

 小林智仁町長と時谷俊寛署長ら5人が園門前の交差点を歩いて見て回り、南北に延びる通りが園児や石井小児童の通学路で交通量が多いことを確認した。横断歩道は県公安委員会が新設し、町は薄くなっている町道の外側線を引き直す。

 小林町長らは午前7時に町役場を出発し、石井小校区の通学路などを点検した後、石井小の校門前で児童の見守り活動を行った。