日本新聞協会は11日、教育の場で新聞を活用するNIE活動の2019年度実践指定校として、47都道府県の545校(前年度比1校増)を発表した。徳島県は6校が指定された。指定は原則2年間で、授業などで新聞を活用してもらうため、協会と各新聞社が購読料を補助する。

 実践校の内訳は小学校220校、中学校176校、高校124校、小中連携と中高連携校各7校、特別支援学校11校。19年度からの新規指定校は251校で、残る294校は継続校。

 また、15道府県のNIE推進協議会が独自に小中高校など68校を認定した。

 19年度の県内の実践指定校は次の通り。

 [日本新聞協会認定]福島小、国府小、加茂名南小(以上徳島市)柿原小(阿波市)=以上新規▽鳴門教育大付属中(徳島市)池田高校三好校(三好市)=以上継続

 [県NIE推進協議会独自認定]椿町中(阿南市)上八万中(徳島市)三庄小(東みよし町)