厚生労働省の2016年「国民生活基礎調査」によると、介護が必要となった主な原因は骨折・転倒12・1%、関節疾患10・2%、脊髄損傷2・3%だった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。