声優の速水奨と野津山幸宏、M-1グランプリ2019に挑戦

 人気コンテンツ『ヒプノシスマイク』などのキャラクターボイスを担当している声優の速水奨(60)と野津山幸宏(22)が、漫才コンビ“ラッシュスタイル”として漫才師の頂点を決める大会『M-1グランプリ2019』に出場することが12日までに、わかった。

【画像】『anan』にも特集されるヒプノシスマイク

 これはM-1グランプリ公式サイトの「コンビ情報」欄にて公開され判明したもので、コンビの結成は今年1月1日だと明かされている。また、同コンビはエントリーNo433で、9月1日に東京・新宿シアターモリエールで開催される第1回戦に出場する予定。

2人は自身のツイッターで「#M1グランプリ」とハッシュタグを付け、「本気と書いてマジと読む♪」(速水)、「やったるでぇ〜」(野津山)と意気込みを投稿している。

 ネット上では「エイプリルフールとかじゃ無いですよね?」「テレビで速水さんと野津山さんの漫才見れるのを楽しみに待ってます!」「声優さんの漫才…、いい声で笑わしてくれるとか、最高かよ」などと話題となっており、ツイッターでトレンド入りした。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。