老後資金2千万円問題により、公的年金制度が参院選の主要争点になった。与党が持続可能性を強調するのに対し、野党は年金不安の解消には大幅な改革が必要だとして老後生活を巡る論戦が続く。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。