宍喰川へ繰り出した「暴れみこし」=海陽町日比原

 海陽町日比原の井上神社で、「暴れみこし」が近くの宍喰川へ繰り出す夏祭りがあり、住民や見物客でにぎわった。

 白装束姿の住民8人が約200キロのみこしを担ぎ、小高い山の上にある神社を出発。「ちょうさじゃ、ちょうさじゃ」と掛け声を響かせながら練り歩いた後、宍喰川に入った。水中でみこしを回したり揺らしたりして、家内安全や豊作を祈願した。

 地元の小中学生が神社周辺を練り歩く「子どもみこし」や餅投げもあった。

 昨年に続いて子どもみこしを担いだ宍喰小2年の生垣暖君(8)は「暴れみこしはすごく迫力があった」と話した。