徳島市内で投票を呼び掛ける県明るい選挙推進協議会連合会員

 徳島県明るい選挙推進協議会連合会などは13日、徳島市南末広町のイオンモール徳島で参院選への投票を呼び掛けた=写真。

 連合会や県選挙管理委員会などの約40人が、イメージキャラクター「選挙のめいすいくん」と一緒に「21日は参院選の投票日です」と買い物客に声を掛け、投票日などが書かれた啓発用のウエットティッシュとうちわ各千個を配った。

 県内の期日前投票者数は5~7日の3日間で全有権者数の0・79%に当たる5078人。1日多い4日間の集計だった前回2016年から4350人減り、減少率は46・1%と全国で最大だった。連合会の阿部頼孝会長(69)は「選挙は民主主義の根幹。ぜひ投票して」と話した。