14日に鳴門オロナミンC球場で予定されていた第101回全国高校野球選手権徳島大会第2日の1回戦3試合は、降雨によるグラウンドコンディション不良のため、15日に順延された。

 15日は午前9時から14日に予定されていた1回戦3試合を実施。16~18日は1回戦各2試合を行う。新たな大会日程は=別表=の通り。

 14日の第1試合で対戦予定だった池田辻、阿南高専の選手は球場で待機していたが、県高野連は午前10時40分に順延を決定。室内練習場で約1時間汗を流した池田辻の山下主将は「しっかり準備して明日の試合に臨む」と気持ちを切り替え、阿南高専の三橋主将は「やりたかったが、いいグラウンド状態で戦う方が気持ちも高ぶる」と球場を後にした。