[波止]<今切川>13日、加賀須野橋下流右岸の岩壁から沖アミを餌にフカセ仕掛けで7時半から2時間、徳島市の木戸崇博さんが39~48センチのチヌ8匹。

 <小松島港沖ノ一文字>12日、赤灯で2人がサビキ仕掛けを使用し、10センチ前後のアジ100匹と25~27センチのツバス70匹。中央はフカセ仕掛けで23センチのグレ2匹と25センチのアジ1匹。

 <牟岐>13日、河口の左岸で11時から6時間、加工沖アミを餌にフカセ仕掛けで43~47・5センチのチヌ6匹。別の人が25センチを1匹。

 <香川・引田>13日、チヌは、渡船を使い徳島側の消波ブロックで37、45センチを2匹。別の人が40センチを1匹。東の岩壁で22~45センチを15匹。同行の人が22、43センチを2匹。

 [磯]<大島>13日、下り潮で水温24・5度。一番は底物仕掛けで37~62センチのイシダイ3匹と30センチのイシガキダイ1匹。平バエは42~60センチのイシダイと26~30センチのイシガキダイを各3匹。マナイタ地は35センチのグレ1匹と22~27センチのイサギ45匹。大バエは30、35センチのイサギ2匹。ジイは25~28センチを8匹。

 [イカダ]<ウチノ海>13日、ダンゴ釣りはサナギを餌に22~45センチのチヌ13匹。別の人が30~43センチを6匹。サヨリ狙いの人も各自よくサオを曲げていた。

 [船釣り]<高知・室戸>13日、波風ともに穏やか。ゆっくりとした上り潮で水温25度。少し濁りがあった。仕立船で140センチ(30キロ)のカンパチと70センチのハガツオ、50センチのイシガキダイを各1匹、55センチのマダイ2匹、40~50センチのサバ90匹。  (県釣連盟報道部)