小松島港まつりの納涼花火大会が14日夜、小松島市小松島町の新港岸壁周辺であり、8万人(主催者発表)が約2500発の大輪を楽しんだ。

 花火大会は、令和を迎えた小松島の新しい時代の幕開けなどをテーマに実施。徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師(けんし)さんの「Lemon」に合わせ、リズミカルに花火を打ち上げる演出もあった。

 終盤には直径300メートルに広がる大玉を連発。親子連れやカップルは歓声を上げて見入っていた。

 花火大会は、1934年に新港岸壁が完成したのを祝い、始まった。