40年前の出羽島の日常を捉えた写真展=阿南市のよんでんエネルギープラザ阿南

 40年前の出羽島(牟岐町)の日常を捉えた写真展「出羽島40年前の記憶 島に生まれて・・・」が、阿南市橘町のよんでんエネルギープラザ阿南で開かれている。19日まで。

 石井町石井の写真家志摩時次さん(70)が1977~79年に撮影した50枚を展示。港を見つめる長老の表情や、子どもが走り回って遊ぶモノクロ写真が並ぶ。今年2月に撮った島民約40人の集合写真も添えた。

 伯母が島で暮らしていた牟岐町辺川の無職家形笑美子さん(70)は「どの写真を見ても懐かしい」と見入っていた。