「私の執念です」。犯行の動機を問われ、主犯の女は声を絞り出した。被告人席では、共犯の夫も耳を傾けていた。女は、被害女性Aさんとの因縁について語った。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞IDに登録してください。