「ゲームへの依存があったと思う」。強盗致傷の罪で起訴された徳島市の無職の兄(28)は裁判長に犯行の動機を問われ、こうつぶやいた。  公判では、スマートフォンのゲームアプリに依存した兄と弟(23)が、ゲーム内のアイテムを購入する「課金」に困り、犯行に及んだ実態が浮き彫りになった。  検察側の冒頭陳述などによると...

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。