気象庁によると、16日午後3時、フィリピンの東で熱帯低気圧が台風5号に変わった。中心気圧は994ヘクトパスカル。時速15キロで西に進んでいる。