海の日の15日、各所でさまざまなイベントや清掃作業が行われた。海辺での釣りはもちろん、レジャーでもライフジャケットの着用を心掛けたい。また、各自が出したごみは必ず持ち帰って処分してもらいたい。

 [イカダ]<ウチノ海>15日、曇りで釣り日和。ヤカタでサヨリ狙いが25~35センチを200匹と20センチ前後のアジ30匹。別の人も同型を150匹。沖アミを餌にフカセ釣りで50センチのチヌ1匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで小アジ、コノシロ、ツバス、イワシ、サヨリでクーラー満杯のグループが多かった。

 [磯]<大島>15日、下り潮で水温23・8~24・5度。中田で37、43・5センチのグレと25センチのシオ各2匹。川村バエで22~35センチのイサギ8匹。屋形で底物を狙った人が66センチのイシダイ1匹。別の人も29~42センチを3匹と27~35センチのイシガキダイ7匹。マナイタ地で22~25センチのイサギ10匹。ゴマで底物仕掛けで30~40センチのイシガキダイ3匹。オハナで33・5センチのグレ1匹と32センチまでのイサギ13匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>15日、通称ジャンボで5時半から4時間ほど、イガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が20センチのチヌ1匹。アタリは数回あったが、食い込みが悪くハリに掛からなかった。

 <赤石東ふ頭>15日、ささ濁り。7時半から2時間半ほどイガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が47センチのチヌ1匹。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>15日、水温23・6~24・1度。内向きで35センチまでのグレ1~5匹。沖向きの消波ブロックでもカゴ仕掛けやフカセ釣りで同型を1~5匹、38センチまでのイサギ1~3匹。ルアーでは青物のアタリがあるようだが取り込めなかった。

 [船釣り]<伊島沖>15日、仕立船で出掛けた人らがジギングや沖アミ、釣った魚を餌に55~58センチの本ガツオ3匹、45、48センチのヒラソウダ2匹、30~50センチのマダイ4匹、65、68センチのサワラ2匹、60~68センチのメジロ4匹、イサギ、サバ数匹。別の船も56、61センチのヒラメ2匹、63~68センチのサワラ4匹、55、58センチのマダイ2匹、63センチのメジロ1匹、40~50センチのサバ約20匹、アジ、ガガネ、ホウボウ数匹。

 <由岐沖>15日、仕立船で出掛けた山口魚影会の山田利明さんがジギングやサビキ仕掛けで65、75センチのメジロ、40、45センチのアジ、25、35センチのレンコダイを各2匹、60センチのマダイ1匹、40~48センチのサバ13匹。同行の人らもハマチ、メジロ、サゴシ、サワラ、ホウボウを数匹とアジ、サバ多数。(県釣連盟報道部)