【サンパウロ共同】ペルー検察当局は16日、汚職疑惑で国際手配されていた元大統領のトレド容疑者(在任2001~06年)が滞在先の米国で身柄を拘束されたと発表した。ペルー側の要請に基づく措置で、引き渡しに向けた手続きが行われる。

 ペルーのメディアによると、トレド容疑者はブラジルの建設大手オデブレヒトに高速道路建設発注で便宜を図った見返りとして04年以降、計2千万ドル(約21億円)以上の賄賂を受け取った疑いなどが持たれている。裁判所が17年2月、マネーロンダリング(資金洗浄)容疑などで18カ月間の拘束命令を出していた。