日本政府は、米政府が中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想に関する計画を19日に説明する場に、在米大使館の担当者を派遣する方向で調整に入った。外務省関係者が17日、明らかにした。