9回、米国のバーレソン(手前左)にサヨナラ本塁打を浴びうなだれる伊藤(11)=今治

 日米大学野球選手権は17日、愛媛県の今治市営球場で第2戦が行われ、米国が3―2でサヨナラ勝ちして1勝1敗となった。

 米国は2―2の九回、バーレソンが伊藤(苫小牧駒大)から本塁打を放った。日本は五回に児玉(九産大)の適時打などで2点を挙げ逆転したが、投手陣が踏ん張れなかった。

 第3戦は18日に山口県岩国市の愛宕スポーツコンプレックス野球場で行われる。