新衣装を披露する谷口さん(左)と網干観光協会会長=美波町奥河内の道の駅日和佐

 徳島県美波町観光協会(網干和義会長)のPRキャラクター「かめファミリー」の新メンバーの衣装が17日、道の駅日和佐で披露された。町とオーストラリア・ケアンズ市の姉妹都市締結50周年となる今年は、ケアンズ市民をファミリーに迎えることが決まっており、デザインはサッカー・オーストラリア代表チームのユニホームカラーから着想を得た。

 衣装デザインは観光協会が公募し、応募作5点の中から谷口京子さん(37)=同町奥河内、町臨時職員=の作品が選ばれた。緑と黄の配色が特徴的で、ペンダントやベルトにはオーストラリアの地図をデザインし、ケアンズ市の位置が光るようになっている。

 谷口さんは「選ばれるとは思っていなかったのでびっくり。気に入ってもらえて良かった」と話した。

 かめファミリーのメンバーは現在9人。10人目となる新メンバーの名は「かめマイト」で、北クイーンズランド州豪日協会のジェフ・ヘインズ会長(66)が扮することになっている。

 「マイト」はオーストラリアの言葉で「親友」の意。ヘインズ会長がファミリーの衣装を着て現地のイベントなどに参加し、美波町との友好関係をアピールする。