県植物研究会顧問の木下覺さん(77)=鳴門市北灘町粟田=が、江戸時代後期以降に県内で野外繁殖した外来種のガイド本「徳島県の帰化植物」(A5判カラー、182ページ)を自費出版した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。