4点を追う八回、代打に告げられた。ベンチに下がる9番笹木の手袋を借り「彼の分まで」と打席に立つ。渾身(こんしん)のスイングは三ゴロ。痛む足をかばいながら一塁まで全力で走った。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。